ゲーム

サイバーパンク2077 PHANTOM LIBERTYリリース日、価格・あらすじ・キアヌ参加、続編時期など

サイバーパンク2077 PHANTOM LIBERTYがついにDLCで登場します。PHANTOM LIBERTYについての、リリース日や価格、など今わかっていることをご紹介します。

CDPR

『サイバーパンク2077 PHANTOM LIBERTY(ファントムリバティ)』は、現在のところ最初のDLCとなる予定です。サイバーパンク2077が発売された直後の大不評を買ってから約2年、開発元のCD Projekt Redはその大半をオープンワールドRPGの手直しとパッチ適用に費やしてきました。その結果、『サイバーパンク2077』は現在、かつてないほど良い状態にあるため、現在すべての注目が次期DLCの『PHANTOM LIBERTY』に向けられています。

2022年4月に初めて予告され、その後2022年9月6日に確定したサイバーパンク2077 PHANTOM LIBERTYは、「ナイトシティの全く新しい地区を舞台とする」スパイスリラー拡張として宣伝されています。CDPRはまだ我々が何を期待すべきかについて深く踏み込んでいませんが、サイバーパンク2077についてこれまで知っているすべてを集めました。PHANTOM LIBERTYについて、これまでに判明していることを以下にまとめてみました。

サイバーパンク2077 PHANTOM LIBERTYリリース日、価格・あらすじ・キアヌ参加、続編時期など

サイバーパンク2077 PHANTOM LIBERTY発売日・対応プラットフォーム

CDPR

サイバーパンク2077 PHANTOM LIBERTYの発売日は現在2023年未定となっています。
なお、CD Projekt RedがPS4とXbox Oneのサポートを段階的に終了することを決定したことを受け、今度のDLCはPC、PS5、Xbox Series Xのみの予定となっています。

CDPRは2022年9月6日、パッチ1.6が「旧世代機向けの最後のメジャーアップデート」であることを発表し、これを確認しました。
同スタジオによると、今後はPCとPS5、XboxシリーズXに注力し、既存システムのメンテナンスとPHANTOM LIBERTYの将来のコンテンツに向けた基盤作りを進めていくとのことです。ゲームディレクターのGabriel Amatangelo氏は、「警官システムと車対車の戦闘の完全なメンテナンス」は、今後の変更のほんの一部であると述べています。

サイバーパンク2077 PHANTOM LIBERTYの価格

CDPR

多くの方が抱いている疑問。サイバーパンク2077 PHANTOM LIBERTYのDLCは無料になるのでしょうか?
CD Projekt RedのグローバルPRディレクターであるRadek Grabowski氏いわく「拡張版の価格については、まだ正確な詳細を明らかにしていませんが、有料になる予定です。」
とのことです。

CDPRはプレミアムDLCの経験もあります。「ウィッチャー3 ワイルドハント」では、ライフサイクルの中で、16の無料DLCアップデートと並んで、2つの大きな拡張が行われました。
ウィッチャー3の発売からわずか5ヶ月後の2015年に発売された拡張版『Hearts of Stone』の価格は1183円、2016年5月に発売された大型拡張版『Blood and Wine』は2300円となっています。CDPRはまだサイバーパンク2077の価格を確定していませんが、サイバーパンク2077 PHANTOM LIBERTYの価格はまだ確定していませんが、Grabowski氏はスタジオの拡張機能に対する哲学を再確認しており「我々の拡張版は伝統的にフルプライスゲームよりも安いとも言える」と述べています。

サイバーパンク2077 PHANTOM LIBERTYの設定とストーリー

CDPR

サイバーパンク2077 PHANTOM LIBERTYの舞台は、ナイトシティの全く新しい地区となります。ゲームディレクターのGabriel Amatangelo氏によると、この拡張は「主に未踏のエリアが舞台」となっており、推測ではパシフィカコンバットゾーンとされています。このエリアはマップの南西ブロックの一部で、地区建設が完了する前にパシフィカの他の地域から壁で囲まれていたため、ナイトシティで最も危険な地域のひとつとなっています。

実際、コーストビューに長くいると、NCPDが戦闘区域の壁の向こうで危険な犯罪者を処分しているという噂を、心配する市民がささやくのを聞くかもしれません。サイバーパンク2077には、パシフィカのコンバットゾーン内のさらなる争いを示唆する2つの収集用シャードがあり、武装民兵と廃品回収業者を快く思わない将軍の存在が記されています。

CDPRはPHANTOM LIBERTYを「スパイスリラー拡張」と予告しており、トレーラーではVが新アメリカ合衆国(歴史的に見てもパシフィカと友好的ではない)への忠誠を誓っていることから、潜入とスパイ活動が本作のテーマであることが予想されます。ゲームディレクターの Gabriel Amatangelo 氏は多くを語りませんが、PHANTOM LIBERTYは「新しいスタイルのプロットで、楽しみながらやっている」と予告しています。

サイバーパンク2077 PHANTOM LIBERTYの登場人物

CDPR

CDPRによると、『Cyberpunk 2077: PHANTOM LIBERTY』 は「新キャラクター」をフィーチャーしていますが、お馴染みのキャラクターも何人か登場するようです。また、キアヌ・リーブスの参加も決定しており、Vとしてプレイすることになり、コアキャンペーンからの進行を引き継ぐことになりそうです。また、キアヌ・リーブスも本作への参加を表明しており、「ジョニー役で戻ってこれるのは素晴らしいことだし、暗い未来でもう一度彼がロックしている姿を見るのを楽しみにしていて欲しい」と語っています。

サイバーパンク2077のラジオ局

CDPR

Cyberpunk 2077には全く新しいラジオ局が設置され、コミュニティのメンバーが作成した音楽が収録されることが注目されます。89.7 Growl FMにはCyberpunk 2077のプレイヤーが投稿した12~15曲が収録される予定で、CDPRは2022年11月30日まで投稿を受け付けています(新しいタブで表示されます)。また、ナイトシティの独立系コミュニティラジオ局は、インフルエンサーのサーシャ・グレイが声を担当するDJ ASHがホストを務めることも判明しています。

サイバーパンク2077 PHANTOM LIBERTY開発状況

CDPR

サイバーパンク2077 PHANTOM LIBERTYは、CDPRがRPGのために準備している唯一の 「予定している」拡張です。これは、9月に開催されたNight City Wireのショーケースにまつわるやり取りで示唆されたもので、その後、CDPRのグローバルPRディレクターRadek Grabowski氏がPolygonに発表した声明で確認されました。「PHANTOM LIBERTY」がサイバーパンク2077の唯一の拡張予定であることを確認できる。つまり、それ以上の拡張の計画はないということです。

CDPRがPHANTOM LIBERTYに投じているサポートについては、スタジオのおよそ半分がこの拡張に取り組んでいることが判明しています。残りの半分は、現在『The Witcher 4』のプリプロダクションに携わっているようですが、その他にもCD Projekt Redが開発中のゲームが多数あります。

CDPRによると、「サイバーパンク2077の続編で、サイバーパンクユニバースのパワーと可能性をフルに発揮する」とのことで、最もエキサイティングな作品の1つがCyberpunk Orionだそうです。このプロジェクトのリリース時期は不明ですが、「ウィッチャー4: Polaris」の後、現在開発のコンセプト段階にあるウィッチャーとサイバーパンクシリーズ以外の新IPであるProject Hadarの前に発売される予定となっています。

サイバーパンク2077続編

CDPR

サイバーパンク2077 PHANTOM LIBERTYは、CDPRで開発中の数多くのゲームのうちの1つです。同スタジオが『ウィッチャー4』(およびそれに続く2本のゲーム、新しいセガの形成)と、コードネームProject Hadarという全く新しいIPに取り組んでいることは知っています。しかし、CDPRは『サイバーパンク2077』の続編、コードネーム『Project Orion』も開発しているのです。同スタジオはこの謎の構想について、「サイバーパンクの世界のパワーと可能性をフルに証明するサイバーパンク2077の続編」とし、「サイバーパンクシリーズをさらに発展させ、このダークファンタジー世界の潜在力を引き続き活用する計画」と述べています。

-ゲーム