ゲーム

最安SteamDeckはゲーマーが好むよりも遅いかもしれません

先週、Valve社は次期携帯型ハンドヘルドPC「Steam Deck」を発表しました。Steam Deckには3つのバージョンがあり、それぞれ価格が異なります。
最も安価なSteam Deckは、64GBの内蔵ストレージを搭載し、価格は399ドルとなっています。しかし、この廉価版は、豪華版に比べてハードドライブの速度が遅いため、ゲーマーのニーズを満たしていないのではないかという懸念が高まっています。

64GBモデルと512GBモデルの差額は約130ドルですが、表面的には価格以外は全く同じに見えるため、ストレージ容量が少なくても前者に魅力を感じる人は多いでしょう。
しかし、Steam Deckをよく見てみると、64GB版のSSDは、他の2つの製品とは異なるタイプのハードドライブを搭載しているため、適していない可能性があるようです。

あるレポートによると、最も安いSteam DeckにはeMMCソリッドステートドライブが搭載されているが、他の2つにはPS5がサポートしているのと同じ、より高速なNVMeタイプのハードドライブが搭載されているという。また、eMMCはストレージ用に1レーンしかない第2世代のPCIeで動作しているのに対し、NVMeは4レーンある第3世代のPCIeで動作しています。また、転送速度も、安価なモデルは最大でも500MB/s、後者は4GB/sのスループットが期待できるとの統計結果が出ています。

つまり、64GBモデルを購入すると、特に大規模でハードウェアを多用するゲームで動作が遅くなる可能性があるということです。このため、低価格帯のSteam Deckは、より高速なストレージシステムを採用している現世代の家庭用ゲーム機に比べて、かなり不利な立場に置かれる可能性があります。この点では、より高価なバージョンを検討する価値があるかもしれませんが、そうすると、安価なモデルしか買えなかった人たちがいなくなってしまいます。Newell氏は、すべてのバージョンに交換可能なSSDスロットがあることを確認しましたが、これを交換することはおそらくサポートされておらず、ユーザーの保証が無効になる可能性があります。

最近、Valve社のCEOであるゲイブ・ニューウェル氏は、Steam Deckを機能性を優先しつつ、価格も重視した製品にしたいと述べていました。しかし、64GBのモデルでは、多くのゲーマーには不向きである可能性が指摘されています。特に、機能性が必要不可欠であると主張したいのであれば、適切に機能しない可能性のある技術を使用するのであれば、なぜ安価なモデルを出すのかという疑問が生じます。最終的に400ドルの価値があるのかどうか、多くの人が検討することになりそうです。

Valve社のSteam Deckは2021年12月に発売され、現在予約を受け付けています。

-ゲーム